大阪市阿倍野区の冨吉医院

内科,小児科
〒545-0042 大阪府大阪市阿倍野区丸山通1-3-46
TEL 06-6651-4304

 

ワクチン予約
こどもの救急
KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう
24時間いじめ相談ダイヤル
0570-0-78310

 

児童相談所全国共通ダイヤル
189
(いちはやく)

 

こころの健康相談統一ダイヤル
0570-064-556

 

※上記QRコードを読み取っていただけますと、携帯サイトが閲覧できます。

トップページ»  院長ブログ»  院長ブログ(医療)

院長ブログ(医療)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

6月の月いち日曜日は日程が変更になっております

本日午前中は  「月いち日曜日」 で、

9本のワクチン接種を行ないました。

6月 の 「月いち日曜日」 は、学会出張のため、第4日曜日から

第2日曜日の6月10日に変更 とさせていただいております。

どうぞお間違えのないようにお願いいたします。


 

2018-05-27 12:48:10

GW前に麻しん含有ワクチン接種を

沖縄県では、先月以降はしか(麻しん)の流行が続いており、

4月20日現在で66名の患者さんが報告されています。患者さんの年齢は0歳代から50歳代まで幅広く分布し、

そのうち59名でワクチン接種歴が不明か1回以下です。

麻しんを確実に予防するためには、2回のワクチン接種が必要 といわれています。

平成2年4月1日以前に生まれた方は、麻しん含有ワクチンを2回以上接種していない年代 なので、

麻しんにかかったことがない方で、麻しん含有ワクチンを受けたことがない方や1回しか接種していない方、

またはワクチンを受けたかどうかわからない方は、接種を受けられることをお勧めします。

厚生労働省のHPによりますと、中国、インド、モンゴル、パキスタン、ナイジェリアなどで、

多数の麻しん患者の報告 があるようです。

現在、沖縄県で流行している麻しんの1人目の台湾人の患者さんはタイで感染を受けたといわれています。

今後、アジア及びアフリカ諸国へお出かけのご予定の方は、渡航先の麻しん流行状況をあらかじめお調べいただき、

麻しんにかかったことがない或いは不明の方で、麻しん含有ワクチンを受けたことがない方や1回しか接種していない方、

またはワクチンを受けたかどうかわからない方は、接種を受けられることをお勧めします。

 

2018-04-22 16:34:29

今日は「月いち日曜日」でした

本日は4月の 「月いち日曜日」 で、15本のワクチン接種と1名の乳児健診を行ないました。

当院では、毎月第4日曜日を 「月いち日曜日」 として、午前10時から正午までの間、予防接種と乳児健診を行なっています。

成人の方へのワクチン接種も行なっております。ネットでのご予約もできるようになりましたので、

平日になかなか来院できない皆さんは、ぜひ 「月いち日曜日」 をご利用ください(完全予約制)。

なお、5月の  「月いち日曜日」  は予定通り第4日曜日の27日(日)に行ないますが、

6月の 「月いち日曜日」 は、学会出張のため6月10日(日)に変更 させていただきます。








 

2018-04-22 16:02:21

沖縄県ではしかが流行しています

沖縄県で4年ぶりにはしか(麻しん)患者の発生があり、

患者数は4月13日時点で46名にものぼっています。

初発例は台湾からの旅行客で、輸入はしかとみられています。

これから沖縄県にお出かけになるご予定の方で、

今までにはしかにかかったことがなく、2回の麻しん含有ワクチンを接種されていない方は、

必ずワクチンを済ませてからお出かけになることをお勧めします。

また沖縄県保健医療部地域保健課は、

1歳未満の方や、2回のワクチン接種を完了できていない妊婦の方については、

沖縄県の流行が終息してから来られるようにと勧めています。
 

2018-04-15 19:57:27

平成29年度子ども予防接種週間

3月1日(木)から3月7日(水)までは、

毎年恒例の子ども予防接種週間(日本医師会・日本小児科医会・厚生労働省主催)です。

当院では、予防接種週間に協力して、

期間中は、通常の2日(金)・5日(月)・7日(水)の夜診中、3日(土)・6日(火)の午後3時までに加えて、

4日(日)の午前10時から午後0時までの時間帯もワクチン接種を行ないます。

定期接種としてのMR(麻しん・風しん混合)ワクチンは3月31日までとなっておりますので、

接種がまだの方はこの予防接種週間中に接種をお願いいたします。

 

2018-02-28 22:14:08

抗インフルエンザウイルス薬の予防投与について

以前より、インフルエンザに罹った方の御家族から、、

どうしても仕事を休みたくないとか、受験日に熱を出すわけにはいかないなどの理由で、

抗インフルエンザウイルス薬を予防的に処方してほしいというご要望を頂戴することがあります。

タミフル(飲み薬)、リレンザ(吸入薬)、イナビル(吸入薬)が予防に用いることが認められており、

皆さんに処方して差し上げたいのは山々なのですが、

抗インフルエンザウイルス薬を予防に用いる場合には、添付文書では次の通りに対象者が限定されています。

原則としてインフルエンザウイルス感染症を発症している患者さんの同居家族又は共同生活者で、

①65歳以上の高齢者、

②慢性呼吸器疾患患者(リレンザを除く)、

③慢性心疾患患者、

④糖尿病等の代謝性疾患患者、

⑤腎機能障害患者

が対象とされています。

医師は、添付文書に記載されていることしかできない決まりがあり、

添付文書上では65歳未満の健常者の方には予防投与はできないことになっておりますので、

申し訳ありませんが悪しからずご容赦をいただきたいと思います。

なお、妊婦さんがインフルエンザに罹ったら重症化しやすいといわれており、

日本産婦人科学会では妊婦さんへの抗インフルエンザウイルス薬の予防投与を勧めていますので、

もし妊婦さんの同居家族がインフルエンザに罹ってしまった場合には、速やかに主治医の産婦人科の先生にご相談ください。






 

2018-02-14 23:16:23

インフルエンザ定期予防接種の接種期間が延長されました

大阪市のインフルエンザ定期接種の接種期間は本年1月31日まででしたが、

ワクチンの出荷が遅れたことから、今年度に限り本年3月31日までに延長 され、

接種日の時点で対象者にあたる方は接種が可能との連絡が昨年末に大阪市保健所よりありました。

すでにインフルエンザの流行は始まっておりますが、対象者の方で接種がお済みでない方は、

どうぞお早めに御予約をお願いいたします。

2018-01-04 20:24:59

年末年始の診療について

昨日29日(金)で、本年の診療を終了いたしました。

今年も皆さんの健康に少しでもお役に立てましたでしょうか。

今週より当院近隣でもインフルエンザの本格的な流行が始まっています。

学校 ・園がお休みになって、患者さんの数は年末年始には横ばいと思われますが、

新学期に入りますとまた一気に増加することが予想されますので、

引き続き帰宅後の手洗いを励行していただきますようお願いいたします。

インフルエンザ以外には、RSウイルス感染症、溶連菌感染症等が流行しています。

来年も患者さんに寄り添った診療に心がけたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

12月30日から1月4日までは、大阪市では休日急病診療所で救急診療を行なっております。

詳しくは大阪市のホームページをご覧ください。(http://www.city.osaka.lg.jp/kenko/page/0000371474.html)

 

2017-12-30 17:19:37

今季初めてのインフルエンザ患者さん

本日、今季初めてのインフルエンザ患者さん が来院されました。

当院近隣でもインフルエンザの流行が始まったようです。

これからの時期、人混みへお出かけの際にはマスクを着用して、

外出から帰ったら手洗いを励行しましょう。

 

2017-12-22 22:38:20

インフルエンザ流行シーズン入り

厚生労働省は、 「今年もインフルエンザが流行シーズンに入った」 と発表しました。

国立感染症研究所感染症疫学センターのデータによりますと、

平成29年第47週(11月20日~26日)のインフルエンザの定点当たり報告数は1.47となり、

今シーズン初めて流行開始の指標としている1.00を上回りました。

都道府県別では、沖縄、長崎、愛媛、宮崎、石川、宮城、新潟、栃木、福岡、大分、福井、東京、神奈川、

広島、静岡、鹿児島、佐賀、和歌山の順に多く、大阪は0.78でした。

部屋の湿度を50~60%に保ち、外出から帰宅後のうがいや手洗いを励行しましょう。

 

2017-12-01 21:51:44

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5