大阪市阿倍野区の冨吉医院

内科,小児科
〒545-0042 大阪府大阪市阿倍野区丸山通1-3-46
TEL 06-6651-4304

 

ワクチン予約
こどもの救急
KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう
24時間いじめ相談ダイヤル
0570-0-78310

 

児童相談所全国共通ダイヤル
189
(いちはやく)

 

こころの健康相談統一ダイヤル
0570-064-556

 

※上記QRコードを読み取っていただけますと、携帯サイトが閲覧できます。

トップページ»  院長ブログ»  院長ブログ(その他)»  目がかゆくなってきました

目がかゆくなってきました

目がかゆくなってきました

昨日3月6日は、二十四節気の一つである 「啓蟄」 でした。

「啓蟄」 とは、冬ごもりをしていた虫が穴を開けて出てくる頃のことをいいます。

風はまだ冷たいですが、日差しは明らかに先月までとは違って春の日差しになっていますね。

2週間後は「春分」で、「春分」を過ぎると桜の開花の便りも届くことでしょう。

これからは、三寒四温とだんだん暖かくなっていきます。

春を待つ今の季節が、一年のうちでいちばんワクワクする時期ですね。

ところで、先週あたりから日に日に目が痒くなってきました。

本格的なスギ花粉のシーズンが始まったようです。

今年は、昨年より症状が強く出ているような気がします。

抗アレルギー薬の飲み薬や点眼液を使って、なんとか凌いでいますが、

診察の真っ最中にくしゃみが出てしまう始末です。

今の時期、発熱を伴なわずに、水様鼻汁が続く場合は、花粉症(アレルギー性鼻炎)が疑われますので、

耳鼻咽喉科や眼科を受診されて、きちんと診断を受けることをお勧めします。

アレルギー性鼻炎の診断がついた後は、当院のような内科でも抗アレルギー薬を処方してもらえますし、

負担額が多少割高になる場合もありますが、一部の薬局でも一部の抗アレルギー薬を購入することができます。

スギ花粉症は、少なくとも3月いっぱいまでは続くそうですので、

花粉症の皆さん あとしばらくの間、お互いに頑張って乗り切りましょう!











 

2018-03-07 21:59:23

院長ブログ(その他)